ファイナンシャルプランナー資格の魅力とメリット

ファイナンシャル・プランナー

いろいろな可能性を秘めているFP資格、その魅力について探っていきます。

人生の各ライフイベントに対応する為のお金に関する基礎知識を学べる。

FP資格取得時に学習すべき内容は次の6カテゴリー、「お金」に関して押さえておかなければならない分野をほぼ網羅しています。

カテゴリー 学習内容
ライフプランニングと資金計画 ファイナンシャル・プランニング全般、公的保険、年金等
リスク管理 リスクマネジメント、生命保険、損害保険等
金融資産運用 株式投資、債券投資、金融派生商品等
タックスプランニング 税制、税金等
不動産 不動産取得、賃貸、不動産に関わる税金等
相続・事業継承 相続、贈与等

次の表は一般的なライフイベントと学習内容の対応表です。

主なライフイベント 学習内容
商品を購入する 消費者契約法、金融商品販売法、クーリングオフ
学生、社会人として不動産を賃貸する。 不動産法規
20才になって国民年金に加入する。 年金
会社に入り、給料が入る。 所得税、年金、社会保険、金融資産運用
結婚する、子供が出来る。 リスクマネジメント、生命保険、損害保険
車を購入する。 損害保険、消費者契約法
不動産を購入する。 不動産法規、不動産税務、住宅ローン、損害保険
子供が大学、短大、専門学校等に入学する。 教育ローン
会社を立ち上げる。 法人税、生命保険、損害保険、社会保険
定年を迎えて退職金を受け取る。 リタイアメントプラン、金融資産運用
親の旅立ちを見送る。子孫に資産を残す。 相続、贈与

どうでしょう、人生の各イベントに深く関わった科目を学習している事をご理解いただけるかと思います。

知っているといないとではその後の人生に大きな違いが出てきてしまいます。
学んだ知識のお陰でつまらない損をせずに済むことも多々あるかと思います。

社会人だけではなく、家計を預かる主婦の方、これから社会に羽ばたいて行くであろう学生の方達、そして定年後の人生をデザインしようとしているシニアの方達等にとっても習得しておいて損のない資格です。

自分自身の人生設計を見直しライフプランを組み立てるよい機会となる。

日々忙しく過ごす生活の中では自分自身や家族の現状を分析し、将来についてシュミレーションするような機会を持つことはなかなか難しいものです。

人間と言うものは面白いもので、その他の計画はしっかり立ていても、こと自分の事に関してはなんとかなるくらいにしか考えておらず、一番大事な自分の人生の設計図を作成していないケースが多いのではないでしょうか?

その結果、後になってこうしておけば良かった、ああしておけば良かったと後悔してしまう。

そうならない為にもFPの勉強を通してご自分の現況を分析し将来のライフプランを立て今後をシュミレーションしてみる事は必要不可欠なことです。

具体的な例としては生命保険があります。
最初に生命保険に加入する際は通常、保険についての知識がほとんどありませんから、保険会社に入った友人や知人の提案する無駄の多いプランのまま加入してしまう事がほとんどです。

FP資格の勉強で学んだ知識で生命保険の見直しをすることにより長い目で見れば数百万単位の無駄を省くことも可能です。

一度立ち止まって保険の見直しをすることだけでも大きな無駄を省く可能性が出てきます。

学ぶ内容が幅広く他の資格取得への足掛かりとなりうる。

どんな資格を取得したら良いのかと悩んでいらっしゃる方も多いかと思いますが、であれば取り敢えずFP資格を取得しておくことを御薦めします。

学習内容は多岐に渡っており、有望資格と言われている行政書士、社会保険労務士、宅地建物取扱主任者等の資格試験の学習範囲もある程度カバーしているからです。

金融・不動産関係の就職・転職に有利である。

金融・不動産分野への就職・転職の際には有利というよりも既に持っていて当たり前という位置づけの資格です。

2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格取得が昇進の際の必須条件になっている金融機関も多くなってきています。

工夫次第で独立は十分可能な資格である。

FP本来の相談業務のみで独立可能か否かとなると日本の現状を鑑みるに現実的にはまだ厳しいものがあるかと思いますが、マネー関連の講演・本の出版・雑誌記事の執筆等を組み合わせていけば十分独立は可能だと思います。

さらに他の資格も取得してそのシナジー効果を利用していけばより成功する可能性を高めていけます。

高額年収にこだわりがあるのであれば外資保険会社のライフプランナーを目指すというルートも選択肢の一つです。

契約形態は個人事業主、フルコミッションですから頑張れば頑張っただけ評価されます。(その分、生き残っていく為には高いレベルの営業力と強いメンタルを要求されますし、10年後に生き残っているのは10人に1人程度という非常に厳しい世界ですから生半可な気持ちでは夢を実現できませんが。)

ライフプランナーはFP資格を持っていなくともなれますが、FP資格を取得して幅広いマネー関連の専門知識を身に着けておいた方がクライアントに対して幅広いコンサルティングが可能となりますから取得しておいて損はないはずです。

費用対効果が高い資格である。

過去の日経マネーには「有名資格の収支決算云々」という記事が掲載されています。35歳時点での各資格の投資利回りを算出したものです。
計算式は(35歳時点の年収-資格取得に要した費用)/資格取得に要した費用。

資格名 投資利回り
弁護士 900
弁理士 733
公認会計士 650
司法書士 614
税理士 600
米国公認会計士 567
ファイナンシャルプランナー 567
医師 -76

医師はマイナスです。なるまでのコスト、桁が違いますからね。(笑)
ファイナンシャルプランナーは567%です。
900%の弁護士は別格としても税理士の600%と比較しても遜色のない数字。なかなかのコストパフォーマンスです。
この数字には資格取得までの労力は考慮されていませんから、その点も数値化できるとすればもしかすると、、、ナンバーワン、、、かもです。

金融関連のアフィリエイトサイトを作成する際の武器になる。

アフィリエイトの高額報酬のジャンルはFP試験で学ぶ分野に関連するものが多い事は衆知の事実です。
例えばクレジットカード、保険、FX、株etc.
これら高額報酬のジャンルを攻めることはアフィリエイトで成功する為の必須条件の一つです。

しかし、アフィリエイトも成熟期を迎え、今までのような通り一遍の内容では競争に打ち勝つことは困難な状況になってきています。

専門知識に裏付けされた信頼性の高いサイトであることは当然として、今後はサイトを訪れればマネー関連の情報はワンストップで仕入れられるような付加価値の高いサイト作りをしていかなければ生き残れない時代になっていくと思われます。

そのような際にもFP試験で学んだ知識は大いに役立ってくれるはずです。

まとめ

以上、思いつくままにFP資格の魅力を列挙してみましたが、どうでしょうか?

FP資格、取っておいて損のない資格だと思われませんか?

タイトルとURLをコピーしました